読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

猫と犬

今朝、散歩していると道路でトラックのすぐ前を黒猫が横切りました。

”あっ”と息を飲みましたが、無事に渡りきりました。

信号前で車も減速してたので惨劇は免れたけど、ドキドキしました。

運転手さんもヒヤッとしたでしょうね。

 

黒猫が横切るって日本では不吉な感じに言われるけど

イギリス、フランスなんかは幸運の象徴のようです。

日本も江戸のころ黒猫は吉兆で、結核まで治ると言われて沖田総司は飼っていたそうな。

ヨーロッパの魔女裁判から黒猫不吉説が出たようです。

ヘー。

 

猫は犬と違い、とても可愛い手の使い方をしますよね。

きゅっと抱きついたり。

それは犬と猫の骨が違うからなのです。

猿や人間のように自由に手を使うには

体幹部分から離れたところに肩関節を維持する必要があります。

それを鎖骨で支えているのです。

f:id:Powerful-terrier:20160423191133j:plain

 

走ることを得意とする犬は 前足は前後に動けば良い訳で

鎖骨はありません。

走行性の動物、馬牛象などは鎖骨ないんですよ。

猫はちっちゃいけど鎖骨があり 犬より起用に前足を使えます。

でもゆるーい感じで固定されてないので

肩幅が無く、小さな隙間も通ることができます。

しかしネコ科でも高速チーターは鎖骨ありません。

 

犬と猫は等しく可愛いペットなのですが

体の仕組みはだいぶ違います。

必須栄養素も違っていて

犬はキャットフードで生きられるけれど(ベストじゃないけど)

猫はドッグフードでは生きられません。

猫にはタウリンが必須栄養素で

犬は自分で合成できるためフードに含まれてません。

人も疲れるとタウリン配合とかのドリンク飲むけどね。

 

昨日のクイズの答えは目玉です。

チワワ3㎏として大型犬はセントバーナードぐらいだと60㎏。

何と20倍ですが眼球の大きさはそれほど変わらないんです。

ほーと思ったら星いっぱいつけてね。