読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

次の課題はシュナウザー

今朝 スカイツリーを撮ってみました。

f:id:Powerful-terrier:20160514213213j:plain

天気が悪いと上の部分が雲に隠れたりします。

やはり高いのね。

青空だったらもっと綺麗。

この見晴らしが良い丘のような公園でお散歩しております。

 

今日はパグ人形ペペちゃんをぺぺちゃんママに渡しがてら 食事にお誘いしたら

結局ご馳走になってしまいました。

大根の煮物や美味しいトマトを頂いた上に。

私は狙ってたわけじゃないよ(汗)

ぺぺちゃん、ママの側にいてあげてね。

次はシュナウザーを作ります。

 

シュナウザーとはドイツ語で口ひげのこと。

頑固なおじさん的な顔がかわいい犬です。

日本でよく見るのは体重8㎏前後のミニチュアシュナウザーです。

ミニチュアっていうからには 大きいのがいるわけで

シュナウザーには3つのサイズがあり 

中間サイズのスタンダードシュナウザーをもとに

小型にしたのがミニチュア 大型化したのがジャイアントです。

スタンダードが16㎏ ジャイアントは40㎏くらい。

犬は 大型から小型化するものが定番だけど

シュナウザーは中型からサイズを大小に作っていった犬です。

大型はシェパードくらいあります。

f:id:Powerful-terrier:20160514222935p:plain

f:id:Powerful-terrier:20160514222958j:plain

堂々たる風格。

この写真を見て頂くと分かりますが

この犬の耳と尻尾は切ってあります。

耳はピンと立って勇敢に見せるため 

尾も犬種スタンダードにのっとった長さに切るのです。

もともとは猟で薮などで怪我をしないようするためで

猟の最中に枝で大きな垂れ耳の先が裂けたりすると

出血多量、化膿してしまうし、獲物逃すことにもなる。

長い尾を振ると獲物に気付かれてしまったりする。

使役犬とは人間の生活に役に立つように作られたのですから。

 

しかしながら

今は愛玩犬としてなら 切る必要はないはずです。

え〜 切るなんて痛くないの?

切るんだから痛いですよ。

でも尾は生まれて1週間以内、まだ神経がしっかり出来上がらないうちに切ります。

麻酔したって耳は痛いと思うよ〜。

近年は それも虐待との思いから 

断耳をしない垂れ耳のコも多く見かけます。

北欧3国、ヨーロッパ諸国とオーストラリアでは断耳禁止です。

f:id:Powerful-terrier:20160514230729j:plain

ボクサーやドーベルマングレートデンも断耳してきた犬種です。

人間の勝手ですね。耳切ってまで格好つけるなんて 理解に苦しむ。

 

普通、犬は大型なほど短命なのですが

シュナウザーはサイズによる寿命の差はありません。

抜け毛の少ない犬種でトリミング(犬の床屋)をします。

ジャイアントはドイツで警察犬に良く使われるほど賢く

全サイズともシュナウザーは しつけも入りやすくて 飼い易い犬種です。

 

写真は引用させて頂きました。