読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

手術ならず

本当なら

手術を終えたアメちゃんは入院し 一安心の私は手足を伸ばして寝る

だったはずなのに はずなのに‥

あっ ご安心下さい、失敗したのではありません。

問題が発覚し オペ出来ませんでした(泣)

 

今日の術前検査で心電図を取ったら なんと徐脈と低血圧!

データには2度房室ブロック(信号伝達異常)がくっきり

f:id:Powerful-terrier:20160519191539j:plain

2回拍動すべきところ1拍打って1回サボり

心電図の大きく振れ尖ってる後に小さい2山があって

本当はその後のスペースにまた大きい振れがくるべきなのです。

なので心拍数が普通の半分。血圧も低い。

最小の循環機能で生きているのねって先生。

 

あー そんな今まで知らなかった。発作もないし。

これでは麻酔かけられないので

心拍数や血圧を薬で上げて麻酔をするという計画が

薬が効かないという(泣)

だめだ、だめだ麻酔で死んでしまう。

それで、今日は中止。

 

皮膚も悪いので もしかしたら甲状腺が悪いのかも

甲状腺機能低下なら問題が心臓にも現れたりするので

一番考えられる。

甲状腺血液検査を追加し 結果待ちです。

 

今日手術予定だった子宮は少し猶予がありそうなので

抗生物質で進行を抑えて様子をみる。

甲状腺の結果を待って 悪ければ投薬治療して

心臓・血圧も良くなるかもと 淡い期待を持ちつつ

最終的にはオペするしかないのです。

果たしてこの血圧で行けるのか。

 

あー暫く心配です。

f:id:Powerful-terrier:20160519195457j:plain

お帰りアメリ。

待ち時間に部屋で一人で

歩き回ったり、祈祷したり、気を送ったり(したつもり)

ママ 空回りで疲れましたわ。

また明日。