読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

母の思いはずっと変わらず

子供というもの 子を育てるということ

命を授かった親が 必死ながらも苦労の中に楽しさと幸せを感じるもの。

人間だけと奢った考えはなく 鳥しかり動物しかり

皆、一生懸命に次の世代を育てています。

今朝の公園でもムクドリたち奮闘中

f:id:Powerful-terrier:20160607222340j:plain

子供の立場だった時には思いいたらないことが

親になり親として成長することで 

自分自身が親に味あわせた思いがわかるようになる。

 

子育て真っ只中なら 他の子と比べる。

私の子育てもそうだったけれど 

子供は親の思い通りになった試しがない。

みんなが出来るのに出来なかったり 

劣っているように感じると親は焦って子を叱ります。

でも、ちょっと考え方を変えれば 比較する物差しを変えられる。

その子の個性を受け入れて命を育んでいくには

親には柔軟性がとても重要だと思うのです。

頑なに一つのことでしか評価されない子どもは不幸でしょう。

本当に大切なのは一人の人間として成長する命なのですから。

 

いつの間にか成人になり それなりに頑張っているけれど

まだまだこれから。

難しいこと、厳しいことにも直面するでしょう。

手助けをして下さる方々に感謝をし 

乗り越える楽しさも経験して 豊かに頑張って行って欲しいと

母は願うのです。

子が幾つになっても親が心配するように

ずっとずっと昔からDNAにプログラムされているに違いない!