読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

大型犬 顔を見せるも

今日はアメちゃんの獣医通院の日。

抗生物質が効いたらしくが子宮の腫れもエコー上では見えなくなって

薬は一旦止めてみることになりました。

皮膚も良くなってて 薬用シャンプーは続行。

獣医さんも一緒に喜んでくれるし 嬉しいね〜

でも油断禁物。

薬やめて2週間後に再診です。

獣医さん空いていて、他の患犬に会えませんでした。

 

息子も顔を見せ、夕飯は一緒に食べて、また出かけて行きました。

ひとまず目出たし目出たし。

シュナウザーが出来てる ゴンちゃんだとか

まぁその程度の会話ですが久しぶりに話して。

前もそんなもんだったし。

だが、新たなる心配を振って帰りました。

ああ、母業とは心配の連続なのです。

 

子に関わることは ずっと走っているようなものですね。

小さい時は全力疾走し 大きくなるとメンタルでのマラソン。

そんな中で 子供は一人で生きて行ける様になる。

それから先は一人の大人の仲間として扱わなければ

その過渡期にいます。

どうしても心配なんだけどね。

本当にしっかりしちゃったら寂しいだろうね。

 

それでもそんな嬉しいような寂しいような日が

近いウチに訪れますように。

f:id:Powerful-terrier:20160617221553j:plain