読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

生命の寿命

2016年も今日で半分終了ですね。

皆様、お疲れ様 後半なにが待っているでしょうか。

良いことがあるよう頑張って行きましょう。

 

この半年、個人的に変化がありました。

自分だけでは変わらず何も感じないかもしれない。

子供たちの力によって刺激を受けられることは有難いことです。

変化すること、刺激をうけること、何があっても受け入れる

子供のことなら覚悟が決まるけど

自分のことはジタバタしちゃうのは何ででしょうね。

親の立場と自分個人とは違うものなんですね。

親って母って強いんですね。

不思議〜。

 

今日、知人のワンコが天に旅立ちました。

14才 安らかに。

犬の寿命ってこのくらいです。

生命の寿命ってどのくらいかご存じですか?

哺乳類は心臓の鼓動が終わるとおしまいとされます。

では心臓ってどのくらい働けるのか。

歌う生物学の本川先生が歌われてます。

20億回打って止まる〜♪〜

そう、ネズミも象も心臓は20億回打って心筋の寿命が来るのです。

二十日ネズミの鼓動はトトトトト とても早くて寿命3年くらい。

哺乳類で一番速い心拍数はヨーロッパのトガリネズミで

毎分1200回。もの凄く高速。

人は1分に50〜100回が正常値です。

f:id:Powerful-terrier:20160630203034j:plain

鼓動が速い、動き速いっていうのは時間の経過の感じ方が

違っているんでしょう。

このネズミたちには人間は超スローに見えるのではないでしょうか。

速い時間の中に生きているのです。

象はゆっくりの鼓動で70年。

面白いでしょ。

持っているものは一緒ですが 高速か低速かで

使い切る時間が変わるのですね。

 

ウチのアメリちゃんは不整脈で普通の半分心臓さぼり

これって倍生きることには‥‥ならないよね〜。

自然界の不思議にはとても興味があります。

フェルボナッチ数の不思議。

生物学の面白さ。

またそのうちお話します。