読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

脳は多彩

ついに暑い夏本番が来てしまい 犬ともども辛いです(涙)

ビールは美味しいんだけど。

もう耳も遠いワンコに凄いハイトーンで呼びかけて

自分のテンションだけ上がっております。

犬も耳が遠くなるけど、高い周波数は聞こえ易いそうです。

なんだかんだ言っても 匂いですべて分かっているようだけど。

 

アメちゃん股関節骨折後、約2週間経ちます。

もう悲鳴は上がらず、どうにか足もついて歩いています。

f:id:Powerful-terrier:20160731222912j:plain

問題の後右足 なんとなく床についている。

f:id:Powerful-terrier:20160731222931j:plain

経過は良好

しかし皮膚がヤバいので本日久々にマラセブシャンプーにて

マラセチア菌の撃退をしました。

ガビガビの皮膚をシャンプーでふやかし 櫛を入れてガビガビ除去

本人より飼い主がスッキリ あー綺麗になった。

 

犬は目耳が悪くても鼻が効くけど

人間は何か障害があると脳の働きが変わる。

盲目の人が距離を計るのは目算でなく時間です。

ざっと10mとか健常人は表現するけど

見えない世界なら移動するのにかかる時間が距離になります。

距離=経過時間

健常人も目で見切れない長距離なら時間で計りますものね。

そう、普通の健常人の常識は障害のある人には通じないこと

普通だと思うことは全然あたりまえではないってこと。

何か障害のある人は別のルートで脳を発達させている。

目からウロコ。

同じ人間でもこんなに捉え方が違うのかと驚きます。

脳の不思議と秘められた力。

多様性の社会を理解するなら 自分の常識は捨て相手に歩み寄ることが

必然です。

動物との触れ合いも同じなんだけどね。

 

f:id:Powerful-terrier:20160731230307j:plain

この本は面白い というか衝撃かな。

興味のある方にはおススメです

 火星の人類学者 オリヴァーサックス著 2001年

オリヴァー医師の本は脳の封鎖されている能力を教えてくれます。

 

脳も体も生命体って凄いね。

知らぬは自分本体ばかりなり。