読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テリアと暮らす日々のかけら

人とお犬の健康うかがい

犬のお食餌・添加物

f:id:Powerful-terrier:20160912163222j:plain

老嬢アメちゃんは 歯が悪いです。

大抵、犬の歯の問題は虫歯ではなく歯槽膿漏です。

犬は人より歯垢が歯石になるのが早く 実はシッカリ歯磨きが必要なのです。

犬に歯磨きぃ?

ビックリですが 爪切りも耳掃除も歯磨きも枕(笑)も

座敷犬の座を不動にした犬には必要なのです。

 

毎朝のルーティーンで歯磨き・耳掃除・皮膚の消毒(皮膚炎だから)

散歩から帰って 出勤前のクソ忙しいなかの作業に組み込まれています。

ウチはボスママ絶対服従なので 問題なく出来るのですが 

最近は歯磨きが痛いのか下を向いて口を防御します。

歯磨きシートだよ そんなに痛くないでしょ 触られると痛いのか?

麻酔が大丈夫だったら抜かれてるとこです。

歯茎が腫上がらないようにしっかり管理しないと(汗)

若い時は歯磨きしませんでした。

その報いを受けております。アメごめん。

 

フードも食べ難いようなので フードプロセッサーで粉砕させ

何かトッピングしたりして与えてます。

f:id:Powerful-terrier:20160912163324j:plain

老犬用の柔らかフードもあるけど 本当は必要ありません。

食べ易いようにしてあげれば全然問題ないです。

ただ、体調を崩したら消化のよい介護食のペーストや缶詰を与えるべきです。

 

犬に必要な栄養素の種類は人と同じですが

分量の内訳は違います。

犬は肉食じゃないってのも驚きですが 

落ちてる実を食べたりもする雑食性なのです。

だから炭水化物も必要だし 焼き芋なんかの甘いもの大好き。

タンパク質が一番重要だけどね。

一番違うのはビタミンCは自分で合成できること。

凄いですね〜。

猫は出来ない。そして猫はタウリンが必須になります。

犬はキャットフードで生きられるけど 猫はドッグフードでは生きられない。

でも塩分が多いから 犬にそんなことしてはいけません。

 

フードのお話は犬の消化構造や味覚や体調とダイエット

沢山のお話に発展します。

すんごい長くなるから、いつかセミナーで話すことにしようかな。

 

今日お知らせしたいのはフードやオヤツの添加物のこと。

犬に赤は識別できないのに 赤い着色はナンセンス。

着色料や発色剤、保存料を気にする方も増えてきたので ちょっと安心なのですが

柔らかいフードやオヤツに警告です。

オヤツやフードの成分表示見てますか?

プロピレングリコール=保湿剤 水分を保たせて柔らかくする。

f:id:Powerful-terrier:20160912163823p:plain

犬は口に入れているのですよ。

ウチの亡き母犬は体調が良くなかった頃に

散歩途中で会うおばさんからこんなジャーキーを山ほどもらってしまい

家でゲーゲー吐きました。

きっぱり断っても遠慮していると思われ もう怒らないとダメなおばさん。

なぜにオヤツ上げたい病の犬好きが多いのか。

若い頃も人からオヤツで貰ってたし 厳密に禁止していなかったのですが

死亡直前のエコー写真では肝臓が癌だらけでした。

 

添加物でも必要なものもあります。

ただ、犬はずっと同じ物を食べ続けることが多く 体が小さいことを考えると

人では危険度が低くても危ないのではないか。

プロピレングリコールはドイツでは全面使用禁止。

日本でも猫には使用禁止です。